現地宿泊施設についての基礎知識

オーストラリア留学とワーキングホリデーを無料サポートするASP
ASPのサポートシステムの説明 ASPのサポート内容 ご利用規約 ASP現地スタッフ紹介 ASP会社概要 無料質問フォーム 無料サポート申込みフォーム サイトマップ
オーストラリアのイメージ画像
更新済み
初めての方へ
 ・お気に入りに追加
 ・留学ワーホリ業者の現状
 ・ASPの信用性
 ・便利サイト
無料サポート
 ・相談から出発まで
 ・留学無料手続き手順
 ・ワーホリ無料手続き手順
 ・オンラインe-Visa取得手順
 ・各コースに必要な英語力
 ・無料相談デスク
 ・ワーホリ相談デスク
 ・留学費用お支払い方法
オーストラリア現地学校情報
オーストラリア語学留学、専門学校留学情報
★ オーストラリア全土の語学学校へのリクエスト無料手続き可能!ここをクリック!
オーストラリアで携帯電話
,オーストラリアの携帯電話レンタル
ご出発前に携帯電話番号を取得できます、着信無料、格安料金、機種豊富。
◆ ここから簡単に手続きができます!

オーストラリア現地宿泊施設についての基礎知識


ホームスティ宿泊手配
このページでは現地オーストラリアでの宿泊、現地での情報収集方法についてなどを説明します。

アパート・フラット・シェア・ルームシェアなどの基礎知識。

★ホームステイやスチューデントハウスの手配はこちらから!
シドニー、ゴールドコースト、ブリスベン、パースの各都市では
ホームステイだけの手配代行を行っております。
シドニーでは他国からの留学生とのシェアハウスの手配代行もできます。
学校は現地についてから決めたいという方にお勧めです。
詳しくはASPシドニーデスクまでお問い合わせください。


関連情報
ワーキングホリデー徹底解明  第3章「ホームステイはしたほうがいいの?」
ワーキングホリデー徹底解明  第4章「シェアってどうだ?」
ワーキングホリデー予算節約テクニック1-10万円節約方法
ワーキングホリデー予算節約テクニック2ス-チューデントハウス利用



【オーストラリアで一人暮らし】


アパート暮らしで一般的なのは誰かとアパートを共同で借りる事により
家賃を初めとする食費・光熱費を抑えるアパートシェアです。
違う国の学生の留学生同士で部屋を借りる人も多いですし、たまはオージーとシェアする人もいます。
一人暮らしは費用がかさむので、留学生にはあまり一般的ではありません。

【ホームステイとの違い】
ホームステイと比べアパート暮らしのメリットは以下があげられます。

*ホームステイと比べると圧倒的な生活の自由度(シャワー、食事、門限、テレビ...)
*誰かとシェアして住む事で家賃を折半し滞在費を節約出来る
*学校付近やダウンタウンで住む事による利便性
*他国の学生と生活を共にするという貴重な経験


特に「自由度」と「節約(シェアの場合)」がアパートに住む主な理由になってきます。
節約については、一人で暮らすと高くつきますが、誰かとシェアする事で

ホームステイと比べ相当節約になる
のです。
つまり数ヶ月暮らすだけで学校にもう一ヶ月は通えるお金を節約出来る訳ですね。
また住む場所によっては徒歩で学校・仕事先に行けるので、交通費を節約する事が出来ます。

アパートに住む、つまり自分自身の住まいを持つ事自体がとても楽しい事ですが、
それに加え他国の学生と一緒に住んだり、友達を呼んで多国籍パーティをしたり等
ホームステイとは違った楽しさがあるのは間違いありません。
もしオージーのルームメイトが見つけられれば語学の点でも役立つ事が多いかもしれませんし、
それ自体いい経験になるでしょう。
(しかしオージーとシェアしても、実際の所生活リズムがかなり違ったりして
話す機会も思った程無かったりという事が多い。
彼らは単純に節約の為に部屋をシェアするという打算的な傾向が強いようです。
もちろんそればかりではありませんが、ルームメイト≠友達という意識がはっきりしています)

とは言えオーストラリアに来てからすぐにルームメイトやアパートを探して契約して・・
と始めるのは骨の折れる話だし慣れない土地で不便も多い。
一方ホームステイなら日本にいる時から手配出来ますし、
オージーの家庭で生活する事は経験の意味でも大きな魅力です。

という事で

オーストラリア生活の初め数ヶ月はホームステイ、その後シェアメイトを見つけてアパート暮らし・・
というのが現地留学生にとって非常に一般的なパターンで殆どの方々がこの方法を選びます。



【トラブルは無いのか?】

オーストラリアの大家(不動産業者)は大雑把で有名
で、大家とのトラブルは本当によく聞きます。
退去時にデポジットの返金を散々請求したのに結局帰国日までに返してもらず
1ドルも返って来なかったり。
多いのは部屋の破損箇所の修理を頼んでもなかなか見てもらえず、
修理されるまで何ヶ月もかかった等、
大家(不動産業者)とのトラブルはに日常茶飯事ですが、
郷に入っては郷に従えであまりイライラしても自分が疲れるだけです...

住む前にこういった評判まで探れればよいですが、いちいちそこまでやってらんない。
従って、住み始めてからでないとわかりえない事以外を丹念に事前チェックしましょう。
例えば部屋を下見した際に破損箇所が無いかなど厳しく調べ(特に天井やドア、窓など)、
また契約関連についても大家に以下の様な事を必ず聞きましょう。

・コインランドリーや駐車場の有無
・家賃に含まれるもの(水道や暖房など)
・家賃引き上げの予定
・部屋を引き払う時の条件(拘束期間の有無、一ヶ月前申告でよいか等)
・名義の書換が出来るかどうか(誰かに引き継ぐ事を考えて)
・ルームメイトの為に部屋の鍵を複数もらえるか(たまにカードタイプの鍵がある)
・・など。

そして入居後に不満や問題があったら遠慮せず大家(不動産業者)にガンガン言いましょう。
一度だけで無く、要求が通るまでしつこく言い続ける事も必要。

ルームメイトとシェアをして暮らす場合はそのルームメイトとの問題もたまに聞きますが、
これは次の項で。

【アパートのシェア】

先に述べたように留学生がアパートに住む場合、
ルームメイトを見つけて二人か三人でシェアするのが一般的で、
これにより一人でアパートを借りるのと比べて生活費全般を1/2-1/3に節約出来る訳です。
1BR(ベッドルームが一つの1LK)を二人でシェアする場合、
ベッドルームに一人、リビングをもう一人の空間にするケースが多いです。
スタジオなど広いリビング一つの部屋の場合は、仕切りを作って二部屋分にする事もあれば、
空間全てをシェアする場合(特に女の子同士)もあります。

アパートに住むからには大家(不動産業者)と契約をしなくてはいけません。
この時の契約者は普通一人ですから、誰かが代表者として部屋のオーナーにならなくてはいけません。
この人が部屋の責任者となり、また毎月大家さんに家賃を持って行く事になります。
また光熱費・電話代を初めとする生活費も計算して、家賃と合わせてルームメイトと折半します。
代表者が帰国でもすると名義の書き換えやらが発生するので、
一番長く滞在する(しそうな)人が代表者になるのが普通です。

【費用はどうシェアするか】
どうやって生活費を分割するかはルームメイトとの相談次第ですが、普通は
  
  
@家賃・光熱費等をルームメイトと折半し、食費だけ各々で負担

というスタイルが一般的です。必然的に食事も個別に作って準備することになりますが、
このやり方が自分の好きな時に好きな物を食べれるし柔軟性に富んでいます。
アパート生活本来の「自由」を維持するならこれがあるべき姿でしょう。

もしくは多少の制限を覚悟で

  
A食費もひっくるめて全て割勘

というタイプもあります。なんと言っても全部折半するのが一番の節約になります。
しかし食べる量や好みといった違いで、どこか公平でない状況がストレスになったり
トラブルになるケースがたまーにあります。
この場合はルームメイトと一緒に食事をとるのがよいでしょう。
食事の当番を決めて交代で飯を作り、みんなで同じ物を食べる。
アパート本来の「自由さ」は削がれますが考え方次第です。
寮生活みたいで楽しいし、実際大きな問題もありませんでした(私はこれをしていました)。

ただしよっぽど仲が良くて食生活のスタイルも近い人で無いとうまくいかないかもしれません。
お互いが譲り合いの気持ちをしっかり持つ事がとても大切です。

ちなみに家賃は均等に分配するとは限りません。
例えばリビングに住む人の方がプライバシーが低いので割安にしたり
(若しくは広いから割高にしたり)といった配分をする事があります。
これはシェアメイトとの相談次第であるということも覚えておいてください。

【プライバシー】

ルームメイトはあくまでルームメイトであって、
干渉は最低限に留めてお互いのプライベートを保つマナーがあります。
同じ生活空間にいるとは言え部屋が別れている以上、
一日で数回しか喋らなかった・会わなかったという事も普通です。
しかし冷蔵庫やキッチン、トイレ・風呂は共用ですし、
友達を呼ぶにもシェアメイトに多少気を使わねばいけません。
アパートシェアはプライベートをある程度犠牲にする事でお金を節約していると考えましょう。
譲り合いの気持ちがアパートシェアはとても大切な要素です。


【シェアメイト・ルームメイトの探し方】

アパートシェアを始めるにあたり、手っ取り早いのはルームメイト募集中のアパート住人を探す事です。
つまり既にアパートに住んでいて、その人のルームメイトが帰国等で出払う為に
新しいルームメイト募集中の人を見つけるのです。
これならば自分は仲間入りするだけで、部屋探しや家具準備、契約やらの手間が無くて楽チンです。

もし家具は自分の好みで揃えたい、アパートも自分で選びたい・・という人は
まず「アパートに住みたい」と思っている人を探す所から始まります。
要はルームメイトを先に見つけて、その後一緒に部屋を探すという訳です。
もしくは初めに自分で部屋を見つけて住み始め、後でルームメイトを募集するという手もあります。

さていずれの手段にしろ、ルームメイト探しは以下の様な手段があります。

■クラシファイドから
クラシファイドとは、売買や求人などに関する掲示板の事を一般的に言います。
これらの掲示板では、例えば場所や金額などを載せてルームメイトを探してる人がいます。
さてこれらクラシファイドは以下の様な所で見る事が出来ます。

◆インターネットのクラシファイド
◆現地で手に入る新聞のクラシファイド欄(日本語・英語、無料・有料新聞など)
◆街中の掲示板
◆語学学校内の掲示板


上記のクラシファイドで気になる物件を見つけたら、まずは部屋を下見する約束をして
実際にアパートまで出向いて下見に行きます。
相手は自分がまったく知らない人ですから、会った時に「性格的に自分と一緒に住める人?」も
判断しなければいけません。ルームメイトとの相性は時として非常に重要です。
暮らし始めてから「行動や生活習慣が合わなくてストレスになる」とこぼす人もいます。
ルームメイトと合わなかったり、もめてトラブルになったりしたら生活自体が苦痛になりかねません。
(こういう友達も私は見てきました)
しかし会った時点でその人の人格なんてわかる訳がありませんので、
ルームメイト探しではベストな手段とは言えないでしょう。
(うまくいった人が殆どですが、「相性」のリスクはあるという意味です)。
ルームメイトを公の場で探す時は、こういった事がある事を念頭に入れておきましょう。


■スクールメイトや友達経由で

ルームメイトの探し方は上記の方法よりも学校や友達の輪から探すのが賢い方法です。
アパートシェアはシェアメイトとの相性が何よりも大切です。
学校等で知り合った友達ならば性格も多少は知っている訳だし、
一緒に生活し得るものなのか判断しやすいですよね。
学校には常にルームメイトを探している人(=既にアパートに住んでいる人)が何人かはいるものです。
そこで自分も常に「メイトを探している」と言いふらし続けていればいずれ適当な人がみつかるでしょう。
たとえ友達の友達だとしても、掲示板でメイトを探すよりはリスクが低いです。
実際にASPが見て来たアパート暮らしの生徒さんは、学校等で知り合った人と住み始める人が
うまくいくパターンが多いと感じました。
先日いらした生徒さんの場合は、友達経由で知り合って何度か遊んだ事のある
韓国人のアパートに参入する形で住み始めました。


【ルームメイトとのトラブル】

誰かと同居する事でやっぱりストレスやトラブルが発生する人もいます。
大きな要因は他国の学生と暮らす事による生活習慣・文化の違いから来ます。
特に南米系の学生はアジア人と全く違うタイプの人種です。
南米辺りから来た人などはパーティ好きで騒がしい人が多いはず。
国も違えば食物の嗜好も違うので、食費をシェアするのは難しいでしょう。
音楽を爆音で聞きたい人や家では静かにしたい人。
こういった「何らかの違い」が、我慢出来る程度のものであれば晴れて快適なシェア生活を送れる訳ですが、
我慢出来ずにストレスを貯めていくと留学も単に辛い思い出になってしまいかねません。
こういったリスクを減らしたい場合は感覚の近いアジア人がベターです。
韓国や台湾からの学生は、日本の事をよく知っているせいもあってか感覚がなかなか近いです。

日本人同士が一番トラブル少ないのは明白ですが、
日本語の使用を少しでも避けたいから日本人を避ける人、
また家くらいは気持ちの通じ易い日本人と住む事を好む人もいます。

日本人と住めば日本語に接する時間が絶対的に増える事を、
英語の上達を望んでいる人は覚えておいてください。


関連情報
ワーキングホリデー徹底解明  第4章「シェアってどうだ?」
ワーキングホリデー予算節約テクニック1-10万円節約方法
ワーキングホリデー予算節約テクニック2ス-チューデントハウス利用

ホームステイの手配

ホームステイと普通の海外旅行との一番の違いは、
ホテルではなく海外の一般家庭に滞在すること。
実は、その「一般家庭に滞在する」という点に、ホームステイの本来の意味があります。
ホームステイを定義すると、 「海外の一般家庭に滞在し、現地の家族と生活することで
お互いの生活 習慣、 文化の違いを知り、相互理解を深める」ことになります。
つまり、ホストファミリーと寝食をともにし、家族の一員として生活することで、
その国のことをより深く 学び、 コミュニケーションの大切さを学べることこそが
ホームステイの魅力そのものなのです。
もちろん最初は文化の違いに戸惑うかもしれません。
しかし、最後には日本に帰るのが寂しくなるは ず。
そんな素敵なホストファミリーがあなたを待っていますよ〜!

ホームステイについては下記のリンク先も読んでみてください。
ワーキングホリデー徹底解明  第3章「ホームステイはしたほうがいいの?」

通常入学する学校がホームステイ先のホストファミリー選択から全ての面で手配をします。
しかし、中には学校への入学は現地で決めたいとの希望もあります。

ASPでは信用のおける現地ホームステイ手配業者を通して信用と実績のあるホストファミリー宅でのホームステイだけの手配も承っております。

詳細はASPシドニーデスクまでお問い合わせください!


無料質問相談
ワーキングホリデー(ワーホリ)、留学、各種学校、ビザ、ホームステイ、などオーストラリアの事ならどんな事でもまずはお気軽にASPシドニーデスクへ連絡をどうぞ!
◆ お問い合わせには現地シドニーから24時間以内にお答えいたします。
(週末受信分は週明けになる場合がございます)
◆ MSNメッセンジャーの場合ですとライブにて担当者に質問が出来ます。

★質問デスクへ簡単質問メールする←クリック

★MSNメッセンジャーでライブチャット相談(大好評!)←クリック

皆様からのお問い合わせは、知識と経験を兼ね備えた
RCA留学協会認定海外留学アドバイザー
が迅速丁寧にお答えいたします。
NPO留学協会  

TOP